組織概要・事業概要 会員企業リスト 統計データ 環境マイスターログイン 希望番号申し込み 会員ログイン




@海面上昇

 今後、地球温暖化が進めば、2100年には9〜88cm海面が上昇すると予測されています。山形県では、30cmの海面上昇により50%以上の砂浜が侵食され、1mの海面上昇により100%の砂浜が喪失するといわれています。




A異常気象

 世界各地で異常気象が多く発生し、多くの被害が発生すると予測されます。

・激しい渇水や干ばつ
・集中豪雨や洪水の多発
・ハリケーンや台風の相次ぐ発生
・猛暑、熱波や真夏日日数の増加
・寒波や大雪 など



B動植物生態系の変化

 平均気温が3℃上昇すると、現在の生態系分布は緯度方向に約500km、標高で約500m移動すると予測されます。

 




C食糧生産への影響

 世界的には、食糧の増産地域、減産地域が生じ、生産量の格差が拡大すると予測されています。
食料自給率がカロリーベースで40%と低い日本では、食糧事情は危機的なものになるでしょう。


D健康への影響

 温暖化の影響によって蚊が増えるなどの結果、マラリア、テング熱など媒介性感染症の患者数が増加すると予測されています。

 

 

COPYRIGHT©2007 JAPAN AUTOMOBILE DEALERS ASSOCIATION YAMAGATA BRANCH. ALL RIGHTS RESERVED.